災害地のボランティア活動|地震の予測や地震情報でかけがえのない大切な命を守ろう!

intelligence.com

予測できない地震直後に起きる二次災害情報について

恐怖!拡大する災害

地震の直後に起きる二次災害がもっとも怖いと言われています。二次災害も誰もが予測は出来ません。この災害は規模が拡大する場合があるので、非常に危険です。一体、どんな二次災害があるのでしょうか?

地震の次に怖いに二次災害ランキング

no.1

逃げ遅れには注意しましょう

二次災害で一番怖いのは、土砂崩れです。地震による大きな揺れで急な斜面が崩れが起きます。もし、天候が悪い時に地震が起きてしまうと水を含んだ土が生活地域まで流れてきます。自分が住んでいる場所が、土砂災害の区域になっているか事前に調べ避難所を確認しておきましょう。

no.2

避難する時は、家のブレーカーを落としましょう

通電火災とは、地震直後に停電が起こった場合、電力会社が復旧作業を行います。その時に家の中にある通電したストーブや家電製品の配線が飛び出して、気づかないうちに火災が発生することです。対策としては、避難する時に、ブレーカーのスイッチを必ず落とすことを頭に入れておくとよいです。

no.3

匂いを感じたら危険です

二次災害ではガス漏れ多く、復旧作業に少し時間がかかると想定されています。揺れている時に火元を消すのは危ないので、必ず揺れが止まってからガスの元栓を閉めましょう。ガスの匂いがしたら、換気扇を回す人もいますが電器を使用する為、火が付く恐れがあります。安全のためにもガス会社へ連絡しましょう。

災害地のボランティア活動

日本列島

被災地へのボランティアについて

災害の場所へは、勝手に個人で訪問しないようにしてください。各自で情報を集めます。地域によっては県や市町村のホームページでボランティア活動を呼び掛けているところもあります。登録を行ったら、係り員の指示で動きましょう。

身近な活動について

観光地などで地震が起きた場合は、お店の商売に影響が出たり、観光客が減ってしまったりとあらゆる面で経済被害が起こります。被災地へ行って、ボランティア活動が出来ない人も多くいると思います。自分で出来る事は、その土地の物を購入したり、コンビニやスーパーに置かれている募金も立派なボランティア活動です。